脱毛するなら日焼けは厳禁

脱毛するなら日焼けは厳禁です。レーザーによる施術と光による施術では、毛根の黒い色素に反応させることによりムダ毛を処理していくからです。

肌が焼けてしまっていると、毛根のない部分にも照射してしまうことになります。そうすると肌がヤケドのような状態になったり、思うようにムダ毛を処理することができなくなったりします。また、日焼けをすると肌にダメージを受けてしまいます。

肌が乾燥するなど状態が悪くなりますので、施術の際に痛みを感じやすくなったり、施術による肌ダメージが大きくなってしまうことが考えられます。脱毛は日焼けしていない状態であっても、肌に負担のかかる施術です。

脱毛をすることが分かっているのなら、しっかり紫外線対策をして肌を焼かないようにしましょう。日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったり、日傘をさしたりして紫外線対策をしましょう。次回脱毛する箇所については、特に意識して対策をするとよいです。

紫外線の強い時間帯は外出を避けるといった小さな努力が肌を守ることに繋がります。また、肌をよい状態にしておけば、脱毛するときに痛みを感じにくくなったり、ダメージが出にくかったりしますので、スキンケアに力を入れて潤いのある肌を保つようにしましょう。

施術当日や帰りの際にも対策が必要です。しかし、施術の際には邪魔ですから、ウォータープルーフタイプは避けましょう。施術後の肌はデリケートですから、肌と相性がよい低刺激の日焼け止めを持っていくとよいです。