脱毛して毛が抜けるまでの期間

脇や脚、腕などいつもムダ毛をきれいにしていたい部分に加え、背中と胸、おなかなどの体の部分、顔やうなじ、指などムダ毛がないと美しさが際立つ部分など、全身のムダ毛を脱毛する人が増えてきています。全身まではしなくても良い人でも、腕と脇、脚を脱毛している人は大変多く、脱毛していることがおしゃれの一部として常識になるほど流行しています。

脱毛するときには、肌にムダ毛の毛根部分にあるメラニン色素に反応する特殊な周波数の光をあてて、ムダ毛の毛根の部分で光がメラニン色素と反応して熱に変わる性質を利用し、毛根を熱で弱らせる方法が一般的です。光の影響で、毛を作る働きが衰えた毛根のムダ毛は、1週間から10日ほど経過すると、ぱらぱらと抜けるようになります。光をあてたときに肌の表面に出ていたムダ毛のほとんどが一斉に抜けるので、肌がとてもきれいに見えるようになります。

しばらくすると、再び毛が生えてきますが、生えてくる毛は抜けた毛根から再生しているのではなく、光をあてたときには休んで生える準備をしていた毛が、毛周期によって成長期になり、生えてきていることが多いため、毛が生えそろうのを待って光を照射します。照射によってダメージを受けると、1週間から10日ほどで毛が抜けるので、皿に毛が生えるのを待って照射する、ということを繰り返し、徐々にムダ毛が目立ちにくくなっていくのです。

毛が抜けるまでの期間は1週間から10日ほどですが、脱毛の効果を実感するまでには、5回前後の照射を受ける期間が必要です。